二階俊樹 二階俊樹 二階俊樹&小泉進次郎 二階俊樹
 6月以来何度も騒ぎが起きている横須賀市での異臭騒ぎを神奈川県は依然原因を特定しない儘だ。

 そこで、当ブログ著者が推測するに、この異臭騒ぎは安倍前政権に見切りをつけた二階俊博幹事長が描いた絵の一環ではないかと思うのだ。

 詰まり、4年前、二階幹事長の国元たる和歌山県御坊市の市長選に長男・俊樹が立候補し、当選候補に3,500票もの大差をつけられ落選した結果から、よもや自身が死ぬ迄幹事長職に留まるべく、自分が総理に就けたおちんちんの滓漬け宰相=菅義偉の消費期限を考え、到底次期総理候補として浮上する筈の進次郎君を一時でも挫かねばならず、中国共産党と親昵な関係に在る二階幹事長がRNA型ウイルスたる新型コロナを開発した武漢研究所P4実験室の力を藉りて作らせた異臭ガスを進次郎君の選挙区に散布したのではあるまいか・・・

 これは二階俊博の謀略だ。


カテゴリー : 政治