皆さん、コンバンわっ 水野晴郎です。
 今晩お送りする映画は日本三大仇討ちの一つとして知られる荒木又右エ門の鍵屋の辻の決闘です
 脚本を世界のクロサワが成し、監督はクロサワと同年代であった森一生が務めてます。
 曽我兄弟と荒木又右エ門、大石内蔵助らの壮挙は日本の支配階級におけるエトスとパトスを醸成し、伝承させた事蹟として歴史的な意味は有ったでしょうね・・・