参院選投票日が迫り、わが神奈川選挙区は何んつったって、彼の三原じゅん子先生が居られるんだから、他と較べりゃあ幾らかマシなんだけども、今年の参院選に当たって神奈川選挙区は改選議席4と欠員1を併せた選挙となりますわぁ。
 んで、今度の国政選挙でも、冗談で出てきた候補者が結構見受けられ、300万円の供託金の没収ラインっつうのは、有効投票総数を改選議席数で割って、更にその8分の1未満の得票数しかなかった場合だそうれ、今年の参院選神奈川選挙区では改選議席数4に加え、欠員1を足した5で割ることとなるっつうんですわなっ。
 んでも、神奈川県下の有権者数っつうのは770万人を越えるくらいだっつうから、20万票くらい獲得せんと供託金は国に持ってかれる訳ですわぁ・・・
 んだから、冗談で立って、300万持ってかれるっつう覚悟の御仁らは大した人間だなぁとつくづく思うのれす。

NHK党
 だから、NHK党々首・立花孝志氏の営業手腕には敬服を禁じ得ない訳ですわぁ
 政党助成法は少なくとも国会議員が1人居って、直近の衆参国政選挙で選挙区・比例を問わず、全国で2%以上の得票率を画したならば政党助成金を交付するものとし、参院選では直近の選挙のみならず、前々回の選挙でも2%以上の得票率を画したなら同様であると・・
 当選を視野に入れず、全国からの得票率を拡大させるべく、NHK党は全国で82人もの候補者を立てましてん。

 今度の参院選で立憲民主党と野党第一党の位置を競うっぽいとされる維新やれいわ新選組の健闘ぶりなど、最大の支持母体である連合との透き間風が荒ぶリベラル政党が凋落の傾向を著しくし、自民党と利害関係を持たぬ一般の有権者らが政治に求める課題を争点に訴える諸派から成り上がった新政党が抬頭する兆しを見せている。
 自民党が恃む諸々の業界団体をよそに、政党要件を満たさなかった諸派から市民政党として伸張する新政党がこれからの野党勢力の主流になっていくか。
 リベラルの立憲民主党や護憲の社会民主党、イデオロギーの日本共産党などが退潮する傾向を示し、新たな市民政党が抬頭する兆しを顕わしているものが今度の国政選挙なのね。