著者が住んでる神奈川県じゃあ、家系ラーメンが巷に蔓延って少々ウンザリ気味になってますが、家系と対蹠的な"あっさり"系のラーメン店がまた対局に位置して人気を高くしてるそうですわなっ。

 今は横須賀線しか停まらなくなった保土ヶ谷駅近く、国道1号線沿いの商店街に在る「桜井中華そば」といい、藤沢駅最寄りの「鴇」といい、小料理屋だった店舗をラーメン屋に直した観を呈し、お客さんらがひっきりなしに行列を成しとりますわぁ。

 著者が乗り降りする逗子駅近くの商店街にも、「想」の屋号で営業する和風ラーメン店が人気を博しとります。

 家系でなく、あっさりでなく、こってりを好む著者としては第三のセクトが伸長することを期待して已みません。


カテゴリー : 社会